20代から始めるアイケア法とは

気付いてからでは遅い!早めのアイケアを!

肌の曲がり角と言われる20代。まだまだ肌の衰えを感じない人が大半ですが、肌の奥ではすでに衰え始めているんです。アンチエイジングなんて30代からでしょ?と思ってケアをしないと後々、しわやたるみに悩まされることになります。

 

特に目元のたるみやしわは一度現れると修復するのが難しいといわれています。というのも、目元は皮膚が薄くデリケート。顔の中でも特殊な構造をしており保湿成分に重要な役割をする角質層が薄いので、普通のケアだけでは保湿効果を得られないんです。

 

そこで有効的なのがアイクリームです。目元専用に作られているため、薄い角質層にもしっかり届くような成分やしわ・たるみの予防、すでにしわ・たるみが現れてる人でも修復できるよう考えられています。20代は回復力が早いので今のうちからアイクリームでのケアが得策です。

 

アンチエイジング商品は高価なイメージがあるのか、20代の女性にとってはなかなか手をつけにくいという人が多いです。しかし、最近では高品質でコスパも考えてつくられている物が増えてきているので、自分にあったアイクリームから使い始めてみるというのでも大丈夫ですよ。やらないよりはやったほうがいい!ということです。顔全体に高級なケアをする必要はなく、老化を感じ始める目元をワンポイントでちょっといいものを使ってあげればいいんです。

 

しわやたるみに悩まされる前に、予防することが大事だと気づいた人ほど年齢を重ねても綺麗でいられるんですね。すでに悩まされてる人はレチノールやパルミチン酸レチノールを配合したアイクリームの使用をおすすめします。

 

パールノーブの詳細はこちら